ホームページ タイトル 本文へジャンプ
組合
メールマガジン


バックナンバー集
※全大教新聞(2019年12月号〜)
  徳島労連新聞(2020年6月号〜)はこちら


一般向け
「徳島大学教職員労働組合からのお知らせ」


【メルマガ発行の趣旨】


 徳島大学教職員労働組合では、単に現場で働く人たちに情報を提供するだけでなく、現場からの意見を吸収し、それを実現していくための場として、メールマガジンを発行しています。

 当初は大学側から理解を得られず、配信をめぐって交渉を重ねましたが、2009年5月以降は、ほぼ毎月一度のペースでの配信を続けています。

 ☆交渉の顛末はこちら


 上意下達の閉塞した職場環境では、ひとは、自分の能力を十全に発揮することはできません。自分の意見が職場の改善につながっているという実感、自分の仕事が大学や社会のために役立っているという実感を持つことで、はじめてひとは、やりがいと誇りを持って働くことができます。

 そうした職場環境の実現のために、徳島大学労働組合は活動しています。
 ご愛読、ご支援をよろしくお願いいたします。


【バックナンバー】 

2024.2/9 Vol.112

2023.6/25 Vol.111

2023.5/12 Vol.110

2022.12/7 Vol.109

2022.9/22 Vol.108

2022.4/25 第107号

2022.3/9 第106号

2021.12/13 第105号

2021.8/27 第104号

2021.7/16 第103号

2021.2/9 第102号

2020.10/15 第101号

2020.9/10 第100号

2020.6/1 第99号

2020.3/4 第98号

2019.12/12 第97号

2019.11/19 第96号

2019.10/23 第.95号

2019.9/18 第94号

2019.7/22 第93号

2019.4/24 第92号

2019.2/13 第91号

     --------------


2017〜18年度(Vol.82〜90)

2016年(Vol.76〜82)

2015年(Vol.66〜75)

2014年(Vol.59〜.65)

2013年(Vol.50〜.58)

2012年(Vol.38〜.49)

2011年(Vol.28〜.37)

2010年(Vol.13〜27)

2009年(Vol.1〜12)




組合員向け
「中央執行委員会便り」



【メルマガ発行の趣旨】

 組合に加入いただいたみなさまに、いま組合が取り組んでいることについてお知らせすることを目的に、組合員向けメルマガを発行することにしました。


【バックナンバー】
 バックナンバーの閲覧には、パスワードが必要です。

2024.6/28 Vol.179

2024.6/21 Vol.178
 (定期大会議案書)

2024.5/29 Vol.177

2024.4/30 Vol.176

2024.4/2 Vol.175

2024.2/22 Vol.174

2024.2/7 Vol.173

2024.1/12 Vol.172

2023.11/29 Vol.171
 (第2回学長懇談速報)

2023.11/21 Vol.170

2023.11/20 Vol.169

2023.10/13 Vol.168
 (病院長懇談速報)

2023.9/27 Vol.167

2023.7/31 Vol.165

2023.6/22 Vol.164

2023.6/2 Vol.163

2023.5/23 Vol.162

2023.4/18 Vol.161

2023.3/24 Vol.160

2023.3/1 Vol.159

2023.2/3 Vol.158

2023.1/17 Vol.157

2022.11/30 Vol.156

2022.10/26 Vol.155

2022.10/17 Vol.154

2022.9/20 Vol.153

2022.9/2 Vol.152

2022.8/2 Vol.151

2022.7/25 Vol.150追加

2022.7/25 Vol.150

2022.7/12 Vol.149

2022.6/24 Vol.148

2022.6/21 Vol.147

2022.5/30 Vol.146



     --------------


2021年度(Vol.133〜145)

2020年度(Vol.116〜132)

2019年度(Vol.97〜115)

2018年度(Vol.90〜96)

2016年度・2017年度(Vol.〜Vol.80)

2015年度(Vol.57〜Vol.)

2014年度(Vol.45〜56)

2013年度(Vol.30〜44)

2012年度(Vol.24〜29)

2011年度(Vol.13〜28)

2010年度(Vol.1〜12)